FC2ブログ

volt studio blog

佐世保市ヴォルトスタジオ経由で様々な情報を配信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

忌野清志郎の"Memphis"

1992年にリリースされた忌野清志郎の "Memphis" 。これは先日お報せした故ドナルド”ダック”ダン氏が在籍した Booker.T & MG's がバックを務める素晴らしいアルバム。当時福岡公演を観に行った。前座はもちろんバックを務める Booker.T & MG's であった。彼らはインストゥルメントバンドでレストランのBGMのような演奏をするバンドで、かなり渋い静かな曲を奏でている丁度その時、しびれを切らした若い女子が”キヨシロ~”と黄色い声をかけた。その声に私を含めたオールドファンはムカッときたのは言うまでもないがプレイ中のギターのクロッパー氏も反応した。彼らにすごく申し訳ない気持ち抱きながら清志郎が登場。清志郎は終始この Booker.T & MG's というバンドがどれだけすごいか、一緒にステージに立てる喜びを現していた。あのバカタレの声が清志郎にも聞こえていたのに違いなかった。思い起こせば涙が出てくるな~、初めて”ダック”ダンのプレイを観たのはその時であった。もちろん素晴らしいコンサートであった。

で、その清志郎が愛して止まなかったのが、このオーティス・レディングである。そのバックを務めるのは、もちろん前述した Booker.T & MG's なのであった。オーティスは、1967年に自家用飛行機による事故死を遂げるが、事故の3日前に録音された『ドック・オブ・ザ・ベイ』は、翌年の1968年にビルボードで週間ランキング第1位を獲得し、オーティスにとって”唯一”のビルボード誌週間ランキング第1位の曲となった。悲しすぎる。

続いてこちらは、 Booker.T & MG's 。すべてインストゥルメントの曲である。スタックス・レコード専属のスタジオ・バンドとして、オルガンのブッカー・T・ジョーンズを中心に、ギターのスティーヴ・クロッパー、ベースのルイス・スタインバーグ、ドラムのアル・ジャクソンにより結成された。1963年、ルイス・スタインバーグに代りドナルド”ダック”ダンが加入。

1980年、なんといってもこのアルバムが与えた影響は計り知れない!先述のギターのスティーブ・クロッパーとベースの”ダック”ダンがハウスバンドのメンバー。世界中にブルース、R&B 、ソウルミュージックを再認識させたのは間違いない!筆者もソウルにのめり込んだその一人である。しびれます。

ブルース・ブラザーズ、つまりジェイクとエルウッドの兄弟は、今は亡きジョン・ベルーシとその相方ダン・エイクロイドが創り出したキャラクターである。伝説的なTVコメディ・ショウ『サタデー・ナイト・ライヴ』の軽い前座としてデビューしたこのデュオは、あっという間に番組のセミ・レギュラーの座を獲得。やがて、いくつものヒット・アルバムと主演映画を作るほど人気を獲得し、平行して本格的なバンドにも成長することになった。

映画中、何十台ものパトカーを潰してくれるのは実に爽快で、すごく元気になる!
スポンサーサイト
  1. 2012/05/15(火) 16:44:47|
  2. RootsMusic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Ian Dury & the Blockheads!

1977年、イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズとして活動を開始する。 ファンキーな楽曲とステージングが話題を呼び、スティッフ・レーベルから発表されたシングル『Sex & Drugs & Rock & Roll』が全英チャート2位に、1st.アルバム『New Boots and Panties!!』が全英チャート5位となる大ヒット。イギリスパンクシーンではボス的な存在であった!このファンキーなパンク!是非聴いていただきたい!
『New Boots and Panties!!』


『Sex & Drugs & Rock & Roll』


リッスンジャパンで試聴&ダウンロード



サウンドハウス

  1. 2012/04/30(月) 18:58:43|
  2. RootsMusic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Elvis Costello

デビュー当初のコステロは、パンク調の作品が多く「怒れる若者」とも言われた。初来日時東京にてプロモーションのため、トラックの荷台に乗り日本の学生服を着てライヴ・パフォーマンスを行った。
こちらはファースト・アルバムの『マイ・エイム・イズ・トゥルー(My Aim Is True)』である
1st

ファースト・アルバムは『マイ・エイム・イズ・トゥルー(My Aim Is True)』であるが、日本ではセカンド・アルバムの『ディス・イヤーズ・モデル(This Year's Model)』から発売された。このアルバムからは自身のバンドであるジ・アトラクションズを率いるようになり、その後もソロやオーケストラとのコラボレーション等、多彩な活動を展開、ヒットを連発する。
2st

このアルバムは4枚目となる『ゲット・ハッピー(Get Happy)』コステロ版R&Bバージョンのアレンジがたまらなく良い!
4th

こちらは5枚目となる『トラスト(Trust)』映画『E.T』で主人公の兄が家でへったくそな歌を歌っていたが、その歌はコステロの曲(3枚目の1曲目)で、家の中にもコステロの写真が貼ってあった、スピルバーグもコステロファンらしい。とにかく楽曲が良いので、是非聴いていただきたい!
5th

リッスンジャパンで試聴&ダウンロード



サウンドハウス

  1. 2012/04/16(月) 21:57:22|
  2. RootsMusic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Blues Brothers この映画は必見だぜ!

アメリカのNBCの人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」の、同名の人気コーナーのキャストとバンドをベースに、ストーリーをつけて映画化したもの。日本での公開は1981年3月。この映画に出演しているソウルやブルースのミュージシャン達には主演のベルーシとエイクロイドの二人が実際に彼らの所に出向き出演交渉をしたそうである。ソウルやブルースを広めるのが目的だったそうである。しかしジェイク役のジョン・ベルーシは人気絶頂期の1982年3月5日に、薬物の過剰摂取により33歳の若さで死去した。




ShowTime

オンラインDVDレンタルならDMMがお得!

サウンドハウス
  1. 2012/04/10(火) 22:58:54|
  2. RootsMusic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2トーン/スカ・バンド The Specials

Elvis Costelloのプロデュースで制作された79年発表のデビュー・アルバム『Specials』は大ヒット。その勢いはイギリス国内に留まらず、アメリカでもカルト的となる。また、MADNESSらを輩出した彼らの自主レーベルの2トーンは、ロンドン・スカの代名詞となった。スカパラは彼らのサウンド、ファッションをそのままコピーしたと言っても過言ではないほど影響を受けている。
ザ・スペシャルズ |  スペシャルズ
The Specials / The Specials

また Mods ファッションが流行って欲しいものだ。
	 ザ・スペシャルズ |  モア・スペシャルズ
The Specials / More Specials


リッスンジャパンで試聴&ダウンロード



サウンドハウス
  1. 2012/04/10(火) 18:34:20|
  2. RootsMusic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Yubo

Author:Yubo
volt studio のブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
挨拶 (5)
音楽活動 (1)
StudioWorks (6)
街情報 (2)
BAND紹介 (7)
アウトドア (2)
RootsMusic (6)
楽器紹介 (3)
voltstudio情報 (13)

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。